SO070

Soul

テーマは【80s Soul】。80年代ソウルの隠れ名曲から、大ヒット曲までシティソウルなテイストでお送りします。

まずは、「Get Down Saturday Night」で有名なOliver Cheatham。4年後の1987年にUK盤とドイツ盤のみでリリースされた隠れ名盤「Go For It」から、タイトル曲を。

そして、AORとしても人気の高いTom Grose & The Varsityの唯一作(88)から、80sメロウな1曲。96年に思い出したように自主盤を1作リリースしていますが、音楽性がどうも大きく違うようなので、一応 唯一作ということで。

続いてはAverage White Bandカバーを含む、Chaka Khanの大名盤「What Cha' Gonne Do For Me」(81)収録の隠れ名曲。この曲はファミリーゴスペル/ソウルグループMcCrarysのカバー。

「It's A Shame」や「I'll Be Around」で知られるSpinnersは、81年のLight Mellow人気盤「Can't Shake This Feelin'」からの1曲で、続くLuther Vandrossはサードアルバム「Busy Body」(83)から「Never Too Much」タイプの80sブギー。

最後は、女王Aretha Franklinの85年の大ヒット曲で気持ちよく。

​それでは最後までどうぞごゆっくりとお楽しみください。

Vol.70: 5/14 update

6 Tracks / 26m40s

Next update: 6/12

*update on Sunday every 4 weeks

 

You may also llike: re:play program