RB037

R&B Hiphop

今回のテーマは【City Soul 90s】。

シティ・ポップやAORに通じるシティ・ソウルの中から、アシッド・ジャズを経たポップやAORをセレクト。

UKのMatt Biancoは、CMにも使用されたDoobie Brothersカバー曲。続くスウェーデン出身のNewtoneは彼らの代表曲で、いずれもポップなアシッド・ジャズ。

Jamiroquaiのサポート・メンバー2人によるSamuel Purdeyは90年代のAOR大名盤から。こちらもAORとはいえ、当然アシッド・ジャズの影響を色濃く感じます。

そしてLewis Taylorは当時のR&Bの空気を取り入れたUKポップの隠れ名盤から。

70年代後半のフィリー・サウンドへのオマージュはKing Britt presents Sylk 130。

こちらはAOR代表曲をサンプリングしてますが、どの曲か分かりますか?

(聞いたらすぐ分かると思います。)

​最後はSade Adu抜きのSade=Sweetbackに、Amel Larrieuxをフィーチャーした名曲。

結果、全編通してほぼアシッド・ジャズです。そしてほぼ当時のJ-Waveですw

ぜひごゆっくりとお楽しみください。​

Vol.37: 10/27 update

6 Tracks / 27m46s

Next update: 11/10

*update on every other Tuesday

 

You may also like: Soul program

 
FB.png
TW.png
IG.png

JASRAC許諾第9023149001Y31016号

©2020 by Children of Productions All rights reserved.