SO072

Soul / Funk

テーマは【Latin Breeze】。80年前後のソウル/ファンクから、

そこはかとなく中南米の風を感じる爽やかで軽快な曲を大特集。

まずは、Jackson 5フォロワーDeBarge。82年の大名盤「All This Love」から、ご存知「I like It」と双璧をなす80年代メロウグルーヴクラシックな1曲。

みんな大好きEarth, Wind & Fireは80年の隠れ名盤「Faces」から、ファンに人気の高い隠れ名曲。Philip Baileyのファルセットが響き渡ります。

後にDazz Bandとなる前身グループKinsman Dazzは、ヤマタツファンも昇天必至と言われる極上のモダンダンサー。こちらもマイナーな隠れ名曲。

こちらは後にIncognitoとなるBrit FunkグループのLight Of The World。彼らの2ndアルバム「Round Trip」はSide EffectのAugie Johnsonプロデュースで、今回の曲は当時そのSide Effectに在籍していたMiki Howardがヴォーカルをとるモダンダンサー。

そしてブラジリアンディスコの傑作盤Lady Zuの「Femea Brasileira」からは、フリーソウル人気も高いメロウソウル。

「Mr. Hard Hands」の異名を持つラテンジャズ・パーカッション奏者のRay Barrettoは、極上ブリージンな爽やかラテンディスコクラシックな1曲。

最後は、前出Side Effect版も有名なRonnie Lawsの傑作ジャズファンク/クラブジャズを、こちらもラテンジャズ・パーカッション奏者のWillie Boboカバー。最高です。

それでは最後までどうぞごゆっくりとお楽しみください。

Vol.72 : 6/26 update

7 Tracks / 25m43s

Next update: 7/24

*update on Sunday every 4 weeks

 

You may also like: Monthly program