SO077

Soul / Funk

テーマは【Midnight Love 80s】。

今回は珠玉の80年代メロウソウルを大特集です。

まずは、Marvin Gayeの80年代を代表する傑作メロウグルーヴをAlternate Mixで。歌詞の一部と、ギターがオリジナルとちょっと異なるミックスです。また、この時代を象徴する史上最も有名なリズムマシンの名機「Roland TR-808(通称:やおや)」の代表的な1曲。

続いて「TR-808」の名曲を2曲。Loose Endsの代表曲は、Wiz KhalifaやNate Dogg、Digital Undergroundらの元ネタとしても有名。ちなみに前曲も同じくWiz KhalifaやBone Thugs-N-Harmony、SWV、The Notorious B.I.G.らの元ネタ。

もう1曲は、Jam & Lewis制作の傑作メロウにして、Beats Internationalカバーでお馴染みのThe S.O.S. Band。そのほか2PacやSnoop Doggなんかもサンプリング。

そして前曲とレーベルつながりで、Tabuの看板シンガー2人Alexander O'nealとCherrelleの傑作デュエット。こちらもJam & Lewisプロデュース。

前出Alexander O'nealは、実はJam & Lewisとともに、PrinceファミリーのThe Timeの前身バンドFlyte Tymeのリードシンガー。ファミリー入りに際して、Prince殿下から「黒くて太すぎるヴォーカル」を指摘され、幼馴染のMorris Dayに入れ替えさせられたのは有名な話。その因縁のPrinceは、80年代作品で恐らく最も有名な1曲を。

最後は、James Brown直系のファンクネスと、Prince同様のジャンルレス。まさに天才の称号に相応しかったTerence Trent D'arbyのシングルオンリー曲を。

それでは最後までどうぞごゆっくりとお楽しみください。

Vol.77 : 11/13 update

6 Tracks / 26m48s

Next update: 12/11

*update on Sunday every 4 weeks

 

You may also like: Monthly program