top of page
RG092_2.jpg

Rare Groove

テーマは【Killa Trackz】。

今回は70年代後半のファンクを中心に、クラブジャズ界隈でも人気の高い、その名の通りのキラートラックをセレクトしてお送りします。

まずは、今年2月にリリースされるもなかなか目にすることができなかったレアグルーヴの聖典(の1つ)= Mighty Ryedersの10インチExtended Versionをフル尺で。(どこも売切れの中、現時点ではP-Vineのオフィシャルサイトで発売してました!)

続いては、前曲との相性もよい疾走系モダンダンサー。途中に入るメロウなギターソロとドラムブレイクがたまらない隠れ名曲は、Clifford Nyrenの1曲。コンピなどに収録されることが少ないので認知度は低いんですが、レアグルーヴ初期からの人気曲。

そして、フィラデルフィアのMFSBに対抗するシカゴのCarl Davis & The Chi-Sound Orchestra。翌年のWindy Cityというヴォーカルグループのカバー(バックは彼ら自身)も人気の小粋なインスト曲。こちらもレアグルーヴのクラシック。

散りばめられたブラジリアンフレイヴァーが人気のMadeline Bellの1曲は、フリーソウルでも定番のクラシック。彼女はUS出身ながらUKで活躍したソウルレディー。

才女Patrice Rushenは、ディスコ~クラブジャズの永遠のアンセムを。

自主制作盤のSweet Daddy Floydは、B-Boyブレイク対応のディスコソウル。こちらもコンピ収録などが少なく、知名度は低いものの5桁を超える垂涎盤。

最後はKalapanaの元オリジナルメンバーKirk Thompson(Vo、Key)が率いたLemuriaのハワイアンAORの金字塔とも呼ばれる名盤中の名盤から。こちらもレアグルーヴ、フリーソウルの初期から愛されたクラシック中のクラシック。前出のPatrice Rushenの1曲との相性もよいですよね。

それでは最後までどうぞごゆっくりとお楽しみください。

Vol. 92 : 4/7 update

7 Tracks / 27m06s

Next update: 5/5

*update on Sunday every 4 weeks

RARE GROOVE: ラジオ番組

You may also like: Soul / Funk program

RARE GROOVE: Music Player
bottom of page