CA020

cafe de moelleux

今回のテーマは【Mind, Body & Soul】。

今回は、秋の心と身体に染み入る名曲をお送りします。

まずは、「私はメディアに出るような美女でもないし、スーパーモデルのような体型でもないけど、自分自身を愛することを学んだの」と歌うIndia Arieのデビュー曲。

そして、「前のデート楽しかったよね。なのになんでその後電話くれないの?」という珍しく(?)乙女心全開なMacy Gray。

続いては、当時17歳とは思えない驚異の歌唱力で「誰にだって間違う権利があるはず。だって私は血の通った生身の人間なんだから。」と、自分の意思を貫き通すことの大切さを伝統的なサザンソウルで歌い上げたJoss Stoneの名曲中の名曲。

そして、およそ10年ぶりにN'dea Davenportが客演としてですが復帰したThe Brand New Heaviesは、ノーザンソウルを代表するMotownから、みんな大好きStevie Wonderの名曲カバー。やっぱりTBNHにはN'deaのヴォーカルがよく映えます。

一転して、Madonna主催レーベルMaverickでその天才ぶりを発揮したMeshell Ndegeocelloの官能的で甘美な1曲に続いて、新時代のジャズを担うこちらも天才Robert Glasperが前出のMeshellをフィーチャリングした1曲。この共演は、今回ご紹介する曲の8年後に当たる今年2021年のグラミーの最優秀R&Bソング賞を受賞することになります。いずれも秋の夜空に溶け込んでいきそうな名曲!

それでは最後までごゆっくりとお楽しみください。

Vol.20: 10/21 update

6 Tracks / 26m32s

Next update: 11/18

*update on Thursday every 4 weeks

 

You may also like: Soul program