SO055

re:play

【re:playではみなさんからのリクエストを募集中です。】

今回は、2021年8月10日公開のSoul 055【Happy People】を再公開。

70年代ソウルレジェンドたちの隠れた名曲を中心にお送りします。

まずは、Marvin Gayeの大名盤のひとつ「Let's Get It On」のデラックスエディションに収録されている未発表のセッションインスト曲から。ピアノはなんとHerabie Hancockで、主だった名前だけでもドラムはPaul HamphreyとMarvin自身、サックスにはEarnie Wattsらがクレジットされています。
続いてはDonny Hathawayの未発表のデモトラック。こちらは残念ながらクレジットが残っていないようなんですが、スウィンギンなピアノが素晴らしい1曲です。
そしてCurtis Mayfieldは、Gladys Knight & The Pipsへの提供曲をセルフカバー。The Temptationsは、Norman Whitfieldからバトンを引き継いだJeffrey Bowenと共に、Commodoresでデビューした直後のLionel Richieもライティングに名を連ねる1曲。
Stevie Wonderはもはやプログレにも聞こえるインスト曲で、"クイーンオブソウル"こと女王Aretha Franklinは、Pete Rock & INI「Aretha」の元ネタの名バラード。
​最後はJackson 5のファンにはお馴染みのキュートでポップな1曲のレアなデモ版。
それでは最後までどうぞごゆっくりとお楽しみください。

(過去公開分のプログラムは、Blogにプレイリストをご用意してます。)

PLAYLIST】​

Rare Groove / R&B Hiphop /Funk/ Soul / Jazz / MonthlySelection / junmix

Vol.50: 5/4 update

7 Tracks / 25m09s

Next update: 6/2

*update on Thursday every 4 weeks

 

You may also like: Soul program